瓦屋根の定期点検やメンテナンスについて調べまとめました。

  1. 瓦屋根のメンテナンスで雨漏り防止

雨漏り防止も!瓦屋根には定期的な点検とメンテナンス!

瓦屋根の点検とメンテナンスの必要性

瓦屋根の点検とメンテナンスの必要性

デザイン性の高い屋根が増えている一方、日本家屋の特徴ともいえる瓦屋根の家も多くあります。この瓦屋根の瓦は高温で焼きあげた陶器なので強度が高く、色あせをほとんどしないというメリットがあります。そのため瓦のメンテナンスはほとんどいらないのですが、瓦屋根に関しては定期的な点検とメンテナンスが欠かせません。 それはなぜかというと、瓦自体に強度はあっても台風などで瓦がずれたり、強風で飛んできたものに当たって瓦が割れてしまうとその部分から水がしみこむ可能性があるためです。こうなったらすぐに点検して直してもらわないと雨漏りの原因となってしまいます。また瓦と瓦をつなぎとめている漆喰の耐用年数は20年ともいわれています。瓦はなんともなくても漆喰は劣化していきます。漆喰は瓦同士の接着剤の役割のほか、防水の役目もしているので漆喰が劣化すると雨漏りの原因となるだけでなく、屋根全体が崩れてしまうこともあるのです。 こうした点は定期的にメンテナンスをしていくことで防ぐことができます。

さらに瓦でも、昔ながらの粘土瓦ではなくセメントを混ぜたセメント瓦の場合は塗装が施されています。塗装がはがれるとそこから劣化が進むので、塗装の剥がれがないかという点検も必要になります。

瓦屋根の修繕ポイント

瓦屋根の修繕ポイント

瓦屋根は普段から定期的にチェックすることで、雨漏りだけでなく大掛かりな修理を防ぐことができます。自分でできるチェックポイントを紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

  1. 瓦のチェック 割れ、ヒビ、欠けた瓦がないかチェックしましょう。台風など強風のあとは、飛来物がぶつかったりアンテナが倒壊することもあります。地震でヒビ割れや瓦のクギが浮いてしまうこともあります。また瓦にコケが生えている場合は水が入り込んでいる可能性があるので要注意です。
  2. 瓦のずれ・外れのチェック 地震や台風では、瓦が割れなくても瓦自体が動いてしまうことがあります。ずれたり外れたりした部分から雨水が入ると雨漏りの原因になります。さらに瓦が落ちてくる危険があります。
  3. 漆喰のチェック 漆喰は強風や地震などで崩れる場合もありますが、劣化で剥がれたり崩れたりすることがあります。家のまわりに不自然な形をしたコンクリートの塊のようなものが落ちていたら漆喰が剥がれ落ちた可能性があります。必ず業者に見てもらいましょう。
  4. 棟瓦のチェック 棟瓦は屋根の頂上部分の瓦です。この部分は真っ直ぐでないといけません。少しでも歪んでいると時が経つとともにどんどん歪みが大きくなって、最悪の場合崩れてしまうこともあります。合わせて棟瓦部分の漆喰も崩れがないかチェックしましょう。
  5. 全体的な瓦のチェック 一枚一枚の瓦に問題がなくても、全体的に瓦がずれたり歪んでいる場合があります。問題がないときに屋根全体の写真を撮っておくのも一つの方法です。違和感を感じたときに見比べるとずれや歪みを発見できることもあります。

このようなチェックは日頃から見るクセがついているといいですが、とくに台風や強風など悪天候の後はよく見ておくといいでしょう。家の作りによっては2階から1階部分の屋根を見られる場合もあると思います。また近くに小高い丘などあればそこからチェックしてもいいと思います。しかし屋根に登ってチェックすることだけはやめましょう

プロに任せるのがおすすめ!

プロに任せるのがおすすめ!

瓦屋根は目視で傷みなどがわかりますが、こうしたチェックは屋根に登ってやってはいけません。瓦を割って壊してしまうだけではなく、屋根から転落して命に関わる大事故になってしまうこともあるからです。

実際に屋根に登る点検はプロに任せましょう。実は屋根に登っての点検や作業はプロでも落ちそうになるくらい危険なことなのです。屋根は部分によって歩いても大丈夫なところと足を乗せただけで落ちてしまうところがあるそうです。瓦自体の特性もわかっていないといけません。

こうしたことから考えても、定期的なメンテナンスや工事はプロに任せることが一番です。日頃の点検も屋根には登らず、上記の修繕ポイントを家のまわりから目視でチェックすることで十分可能です。チェックして気になるところがあればプロに任せてその箇所を見てもらいましょう。

大阪で評判の屋根修理業者ランキングTOP3

ページのトップへ