葺き替え工事費用相場について詳しく調べまとめました。

  1. 大阪の葺き替え工事費用相場をチェック

葺き替え工事費用相場のまとめ

屋根修理のうち、葺き替え工事の費用相場をまとめました。この相場からかけ離れて高すぎたり安すぎたりする場合は悪質な業者の可能性もあります。目安として参考にしてください。

既存屋根材の撤去・廃棄
1,500~3,000円/㎡
下地の補修
1,500~3,500円/㎡
防水シート
500~1,000円/㎡
新しい屋根材と施工費用
4,000~7,000円/㎡
足場
500~1,500円/㎡
役物工事(部位別)
1,000~3,000円/㎡
管理費・諸経費
工事費用の5~10%
(※上記は、一般的な住宅の広さの屋根修理費用の目安です)

葺き替え工事は屋根の種類で変わる?

葺き替え工事は屋根の種類で変わる?

葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去処分し、新しく金属の屋根材を葺き替えるという工事方法になります。屋根修理のなかでは、大規模な工事となる葺き替え工事。「費用はどのくらいかかるのか」と不安になる人もいると思います。

葺き替え工事の内訳とそれぞれの費用相場は上記の表を記載した通りですが、そのなかでも費用が大きく変わってくる項目が「新しい屋根材」となります。選ぶ屋根材の種類が変わると、どの程度費用は異なるのでしょうか?

スレート(コロニアル)
1㎡あたりの費用
約5,500円

スレート屋根は、「カラーベスト」「コロニアル」「ストレート屋根」と呼ばれることもあります。現在、日本での普及率がもっとも高い屋根材にで、雪の関係で施工ができない地域を除いては、もはや定番ともいえる屋根材です。

ガルバリウム鋼板
1㎡あたりの費用
約6,000円

ガルバリウム鋼板の屋根材の特徴は、サビに強くあらゆる用途に対応できる「画期的な鋼板」であるということ。アルミニウム、亜鉛、シリコンからなるアルミ亜鉛合金メッキ鋼板で、耐食性、耐熱性、加工性、熱反射性、さらに従来の鋼板よりも耐久性に優れています。

日本瓦
1㎡あたりの費用
約9,500円

日本瓦は、日本国内の粘土で作った焼き物の瓦のことをいいます。そのまま焼いた素焼きのものと、瓦表面に釉薬をかけて焼いたものの2種類があります。全国に産地があり、その土地の質の違いから特色のある瓦が作られています。

トタン
1㎡あたりの費用
約4,000円

軽量で耐震性が良く低価格なトタン瓦は、戦後に大流行しました。正式な建築登記では「亜鉛メッキ鋼板葺き」といいます。現在では、トタンを用いることはなく、耐久性やメンテナンス性がより優れたガルバリウム鋼板を用いることが多いです。

大阪で評判の屋根修理業者ランキングTOP3

ページのトップへ