カバー工法費用相場について詳しく調べまとめました。

  1. 大阪のカバー工法費用相場をチェック

カバー工法費用相場のまとめ

屋根修理のうち、カバー工法の費用相場をまとめました。この相場からかけ離れて高すぎたり安すぎたりする場合は悪質な業者の可能性もあります。目安として参考にしてください。

下地
1,500~2,500円/㎡
防水シート
500~800円/㎡
新しい屋根材
5,000~7,000円/㎡
棟板金
3,000~5,000円/㎡
足場
500~1,500円/㎡
工事管理費
10,000~30,000円 ※工事費用によって増減あり
(※上記は、一般的な住宅の広さの屋根修理費用の目安です)

カバー工法の費用が抑えられるのはなぜ?

カバー工法の費用が抑えられるのはなぜ?

カバー工法とは、「既存の屋根材の上に新しい金属屋根を取り付ける」という屋根の修理方法のひとつです。主にスレート系屋根材の修理を対象としたカバー工法。スレート系屋根材は、色あせによって美観が低下してしまうため、10年に1度の修理が望まれているのです。既存の屋根の上に重ね張りする工事なので、土台になる現在の屋根の劣化が酷くならない時期を見計らう必要があります。

カバー工法は、屋根を二重にすることによって「断熱性」「防音性」「防水性」の向上が期待できることもあり、人気がある屋根修理とされています。メリットのひとつとしてよく挙げられるのが、葺き替え工事と比較しての「工事費用の安さ」です。

なぜカバー工法は費用を抑えることができるのか、ここではその理由についてお伝えしていきたいと思います。

既存屋根材の利用
カバー工法は、今の屋根の上に新しい屋根を重ね張りする仕組み。そのため、既存の屋根材の「解体工事費」が必要ありません。
廃材が出ない
既存の屋根材を利用するということは、屋根の廃材も出さないということ。「廃材処理費」もかかりません。
工期が短い
既存屋根の解体工事や、廃材撤去を行う必要がないため、短期間での施工が可能です。天気の都合を含めても、工事期間は1週間程度といわれています。そのため、「人件費」のコストも抑えることができるのです。

大阪で評判の屋根修理業者ランキングTOP3

ページのトップへ