低価格で人気のカバー工法について、そのやり方を調べまとめました。

  1. 屋根のカバー工法とは?

屋根のカバー工法とは?工事のやり方紹介

とっても経済的!カバー工法

とっても経済的!カバー工法

カバー工法とは、既存の屋根に新しい屋根を被せる工事のことです。そのため、既存の屋根の解体工事が不要で、廃材がほとんど出ません。解体工事費と廃材処理費が節約できるため、屋根の葺き替えに比べて費用がぐんと安くなります。2004年以降に作られた建築物には環境負荷が高いアスベストを含む建材が多く用いられており、その解体を行うと廃材処理費が高額になる傾向があります。カバー工法はこういった場合にも最適で、アスベストを含む建材を解体することなく新しい屋根を被せて安全に暮らすことが可能になるのです。

また、既存の屋根の解体を行わないため葺き替えと比べて工事期間が半分で済みます。カバー工法に必要な解体作業は棟の板金や雪止めなどほんの一部のみです。そのため足場を組んで窓が開けづらいといった不便な期間が短くて済むだけでなく、屋内には一切影響を及ぼさないので、工事期間中も普通に生活することができます。さらに塗装のように独特の匂いが出てしまうようなこともなく、ストレスなく過ごすことが可能です。

ただし、瓦屋根は重量過多になるという問題があるためカバー工法を施すことができません。瓦以外の屋根でも、既存の屋根の重量に新しい屋根の重量が加わるわけですから、重量が増えるということは避けられず、工事後の総重量が増えすぎると判断された場合は工事できない場合もあります。そのほかにも屋根の劣化状態によって施工できないこともありますので、カバー工法が可能かどうかは事前に点検・調査する必要があります。

屋根のカバー工法の流れ

では、既存の屋根材の上に新しい屋根を被せるカバー工法の流れを見てみましょう。

板金を撤去して清掃する

板金を撤去して清掃する

まずは棟板金およびその下に設置されている貫板、さらに雪止めがある場合はそれらをすべて撤去します。たまった埃や汚れを取り除き、隅々まできれいに掃除します。カバー工法の作業全体の中で廃材が出るのはこの部分のみです。

ルーフィング工事を行う

ルーフィング工事を行う

きれいになった既存の屋根の上に、軒先から棟に向かって防水紙を敷いていきます。このとき、上下の防水紙を10cmほど重ねて、屋根材の下に水分が入っても屋内に侵入しないようにします。防水紙の設置が完了したら新しい貫板と板金を取り付けるための下地を設置します。

屋根材を設置する

屋根材を設置する

新しい屋根材を設置します。屋根は全体の重量が軽ければ軽いほどその建物の耐震性がアップするので、新しい屋根材はできるだけ軽量なものを選ぶと地震対策にもなります。

貫板を設置する

貫板を設置する

貫板の設置が完了したら、棟板金を設置します。貫板の上に棟板金を載せてビスを使って固定します。棟板金は風の影響を受けやすいため、飛んでいかないようにしっかりと固定することが重要です。

棟板金を設置する

棟板金を設置する

貫板の設置が完了したら、棟板金を設置します。貫板の上に棟板金を載せてビスを使って固定します。棟板金は風の影響を受けやすいため、飛んでいかないようにしっかりと固定することが重要です。

コーキング処理を施す

コーキング処理を施す

板金と板金の境目から雨水が浸入するのを防ぐためにコーキング処理を施します。まずは周辺をテープで養生し、その後コーキングを充填します。表面を整えたらテープを外し、コーキングが固まったら完了です。

屋根カバー工法完了

屋根カバー工法完了

これで屋根カバー工法がすべて完了です。葺き替え工事と比較して工程が半分ほどで済み、台風や地震などの自然災害も強い屋根に仕上げることが可能です。

大阪で評判の屋根修理業者ランキングTOP3

ページのトップへ