大阪で屋根修理業者を選ぶときの注意点として、詐欺や悪徳業者について調べまとめました。

  1. 大阪の屋根修理業者の詐欺や悪徳業者にご注意

屋根修理する際の注意点!まだまだいる詐欺や悪徳業者にご注意

実はまだまだたくさんいる悪徳業者

実はまだまだたくさんいる悪徳業者

どこの世界にも悪徳業者というものがいますが、仕事内容が専門的であるほど素人にはわからない項目が増えるため、だまされやすくなってしまうものです。屋根修理業者の仕事場は屋根の上、僕たちはどんな作業が行われているかをじっと見ているわけにはいきません。作業場が隠されていることも、いい加減な修理や詐欺まがいの手口を発生させやすくしている要因の1つと言えるでしょう。

組織的な犯罪で大きな事件になると関連会社が一掃されるきっかけにもなりますが、それでも昔から続く古典的な手口から新しい巧妙なものまで、悪徳業者は増えることはあっても減ることはありません。消費者がだまされまいと知恵とつければつけるほど、だます側もさらなる悪質な手口で挑んできます。悪徳業者を簡単に信用してしまわないためにも、いくつか事例を知っておくとよいでしょう。

実例①作業が始まってしまう

作業が始まってしまう

見るからに職人風の作業着を着た人が突然家を訪れて来て、「この辺りの家の屋根修理に来たんですが、工事が早く終わって材料も余ってますので、今なら格安で工事ができますよ」と言われました。

「お宅の屋根はだいぶメンテナンスしてないようなので、チェックしてみたらいろいろ傷んでると思います」と勧められたので、どんな様子か見てもらおうとお願いしたところ、屋根の上で作業が始まってしまい、「次の雨で完全に雨漏りしそうなところがあったので修理しておきました」と言われ、通常の雨漏り修理価格の2〜3倍の法外な金額を請求されました。

払えないというと、今現金で払えるだけの金額まで下げてきて、その場で集金していなくなり、その後もらった名刺に連絡しても電話は通じずじまいでした。

実例②写真の偽装

写真を偽装される

ピンポンと鳴って出てみると「この辺りの地区で電波障害が発生している模様なので、屋根に上がらせてもらって今調査しているところです」と言われました。

「アンテナの向きを調整することで直るかもしれないので、その場合は無料でやらせていただきます」などと耳障りのいいことを並べたてるので、じゃあお願いします、と言って下から見ていると何やらデジカメで写真を撮っています。

作業終了後にそのデジカメの写真を見せられて「アンテナ付近の屋根が非常に傷んでますね。これはすぐに修理をしないと大雨や台風のときなんかにはもう持ちませんよ」と言います。

驚いた私たちは屋根修理業者を紹介してもらい、作業をお願いしたんですが、その写真はあらかじめ用意されていた別の家の傷んだ屋根の写真で、うちに来た人たちも後日やってきた業者もすべて架空の詐欺会社でした。

実例③強引な訪問営業

強引な訪問営業

現在うちが使用している屋根材のメーカーを名乗って「以前こちらの屋根の作業をさせていただいた時に使用した釘に不備があったことがわかりまして、現在1件ずつ回って確認させていただいているところなんです」と突然訪ねて来ました。

無料点検してくれるというのでお願いした結果、「釘は大丈夫だったんですが、支えが弱って来ていたので、耐震金具を付けたほうがいいかもしれません」と言ってカタログを見せて来ます。今買えばすぐこの場で付けてくれると言われ、かなりしつこく購入と取り付けを勧められましたが、この時は買いませんでした。

後に彼らは平日の夕方以降や日曜など、問い合わせてもメーカーにつながらない時間帯を選んで活動している悪徳業者だったということがわかりました。

実例④ニセのキャンペーンや半額

ニセのキャンペーンや半額

屋根材の一流メーカーから電話がかかって来て、「新商品が出たのでモデル工事をやらせて欲しいのですが、材料費はこちらが持ちます。もしご興味がおありでしたら、こちらの新商品を取り付けられる屋根かどうかを確認させていただきにうかがいますが、いかがでしょうか」と、非常に人当たりのいい営業マンが提案してきました。

実際にうちにやって来たのは電話の営業マンではなく工事をする作業員の方で、屋根をチェックした後に支払総額を告げられました。それは市場相場の3〜4倍の価格だったのですが、モデル工事ということで半額でいいですよ、と言われ、じゃあお願いしますとホッとしてOKしてしまいました。

後からよく考えると半額でも市場価格の1.5〜2倍以上だった上に、使われた材料は廉価品でひどい屋根になってしまいました。

実例⑤劇場型の詐欺や手の込んだ演技

劇場型の詐欺や手の込んだ演技

「すぐ近所の家で工事を予定していて調査をしているんですが、お宅の屋根がずいぶんひどく壊れているので、一緒に工事をしたら少しお安くなりますがいかがでしょうか」と電話がかかってきました。

近所のお宅の工事をされる方のお名前やその家の屋根の色や種類などをよく知っていたので、すごく親切な瓦職人の方で、昔ながらの気質のせいでこうやって近所にまで声をかけてくれるのかなと思い、感激してお願いしました。

しかし補修工事の割りにはずいぶん高い金額を要求され、しかたないのでお支払いしましたが、後日その近所の方は工事をお願いしていないし工事もしていないことがわかりました。

信用させるために街の様子や近所の方の風貌までしっかり調査して行う詐欺だそうです。

悪徳業者の被害に遭わないために

悪徳業者の被害に遭わないために

さまざまな手口で高額な費用を取ろうとしてくる悪質業者から、大切な家とお金を守るためにはどのようなことに注意したら良いのでしょうか。以下に、主な予防策をまとめましたので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

悪徳業者対処法①その場での即答はしない

その場での即答はしない

突然の来訪や電話で、屋根修理費用のお得感や不安を煽る功名なセールストークをされると、相手のペースに乗せられてしまいがちです。悪徳業者側も、すぐに契約させようとして考える時間を与えてくれません。

でも、勇気を持ってその場では「NO」と言えるようにしてください。「屋根修理を考える時期かな」と思っても、「家族と話し合ってから決めます」「他社の見積もりを見て検討します」などと言って即答は避けましょう。

悪徳業者対処法②屋根の状態を把握しておく

屋根の状態を把握しておく

悪徳業者に騙されないためには、自宅の屋根について正確な状態を知っておくことが何よりも大切です。そうすれば、不安を煽られるようなことを言われたとしても「そんなことはない」と冷静な判断ができるからです。

そのためには、雨漏りなどの緊急に屋根修理が必要になる前から、定期的なメンテナンスをしておく必要があります。時間に余裕があれば、信頼できる屋根修理業者をゆっくりと吟味して選ぶことも可能ですね。

悪徳業者対処法③業者選びは口コミも参考にする

業者選びは口コミも参考にする

屋根修理業者選びは、費用や施工実績を参考にするのも大切ですが、実際にその業者を利用した人からの口コミを調べておくことも重要です。

「費用は抑えられたけれど、対応がいまいち」「しっかり説明をしてくれて、安心して任せられる業者だった」など生の感想から知ることができる情報は業者選びで大切にしたいポイントです。

良い屋根修理業者は、利用者の屋根を大切に考えてくれる業者です。悪徳業者に騙されないためには、事前の情報収集が重要!しっかりと調べて、あなたの大切な家の屋根を守りましょう。

大阪で評判の屋根修理業者ランキングTOP3

ページのトップへ